サイトへ戻る

8/1(土)SDGsとうほく、再始動。 カードゲーム【SDGs de 地方創生 in 仙台】開催。

 

―「withコロナ時代」のまちづくり(地方創生)を考える―

3月7日に予定しておりました、カードゲーム【SDGs de 地方創生】を4カ月ぶりとなりますが、 開催いたします。いまだからこそ【SDGs de 地方創生】を体験していただく価値があると思いますので、未体験のかたも体験済のかたにもご参加いただきたいです。なお、コロナ禍ということで、定員12名限定となります。

「Afterコロナ」「withコロナ」の時代の   地方創生とは?   

「Afterコロナ」「withコロナ」の時代、私たち一人ひとりに行動変容が求められ、

企業や組織の活動には国連の2030年目標「SDGs(持続可能な開発目標)」の考え方を

取り込むことが重要と捉えられています。

コロナ禍においては、新たなビジネス機会の創出や既存商品やサービスを社会課題解決のために応用(イノベーション)するといったポジティブに事業戦略を見直した持続可能性の高い企業が見られるようになりました。
〈事例〉
 ・人工呼吸器
 ・マスク
 ・アルコール消毒液 等

カードゲーム【SDGs de 地方創生】では、

中心市街地の再構築や地方創生を人口・経済・社会・暮らしの視点からシミュレーションします。

【ファシリテーター】

 株式会社CSRインテグレーション代表取締役 今田裕美さん

・英国CMI認定サスティナビリティ(CSR)プラクティショナー

・SDGs de 地方創生公認ファシリテーター

・SDGsアウトサイドイン・カードゲーム公認ファシリテーター

【このような方にオススメです】
 ・SDGsに興味があり学ぶきっかけを求めている方
 ・新たなビジネス機会、事業戦略にSDGsを取り込みたい方
 ・地方創生やまちづくりにSDGsの考え方を取り入れたい方
 ・ISO活動の「ステークホルダーの期待」にSDGsの考え方を考慮したい方
 ・省エネや廃棄物管理を中心とした環境経営を、社会課題解決に向けた

  新規ビジネスの創出等にバージョンアップさせたい方
 ・カードゲームに興味が

【主な感染症予防対策について】

・ご来場時における体調のチェック(非接触型体温計による検温等) 

 ・参加者全員のマスク着用(講師はマスク・フェイスシールドを着用)

 ・アルコール消毒液による消毒の徹底 等

■参加費:3000円

■定員:12名 

■日時:2020年8月1日(土)9:30-11:30(受付 9:15~)

■会場:仙台市市民活動サポートセンター 研修室5

 アクセス:https://sapo-sen.jp/access/

 地図:http://sapo-sen.jp/wp/wp-content/uploads/2018/03/map_2018.pdf

■申込〆切:7月30日(木)

 

■参加申込先:support(a)sdgs-tohoku.jp まで、

お名前(フリガナ)・ご所属(会社名または団体名、自治体)・ご連絡先をご記入の上、お申し込みください。

■問合せ先:jomon(a)sdgs-tohoku.jp

*(a)を@に変換してください。

主催:一般社団法人SDGsとうほく

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。